【WordPress設定備忘録】Google Search Console(ウェブマスターツール)の設定


Google Search Consoleの設定をして、検索に強いサイト作り!

Google Search Consoleは、ブログを検索上位に上げるための必須ツールです!

これをやっておかないと、Googleの検索結果に表示されません。

こわぁ~(ーー゛)

早速、忘れないうちに登録と設定方法をメモメモします。

Google Search Consoleにアカウントを登録~サイト登録

まず、Google Search ConsoleにGoogleアカウントを登録します。

ちなみに、前の名前はウェブマスターツールでしたが、機能面は特に変わっていないようです。

SEARCH CONSOLEにログイン(お持ちのGoogleアカウントで)

Googleアカウントをまだ持っていない場合は、新規登録をしてください。

②プロパティを追加

「プロパティを追加」という赤いボタンをクリックして、登録したいサイトのURLを入力します。

③サイトの所有権の確認を行う

「続行」すると、サイトの所有権を確認するためのいくつかの方法を選択する画面になります。

私は「おすすめの方法」にある、HTMLファイルのアップロードでやってます。

所有権が確認されたら、サイトが正常に登録されます。

ここまでで、設定はとりあえず完了…!

XMLサイトマップを送信する

※WordPressの場合、ALL in One SEO の XML SitemapsをActiveにしてから行います。

Search Consoleの[サイトマップ]から、

赤いボタンの「サイトマップの追加テスト」をクリック

XMLサイトマップのURLを入力(sitemap.xml)し、[サイトマップを送信]

「サイトマップを送信しました」→ページを更新するをクリックして終了!

検索パフォーマンスを改善する

(登録したサイトのURL)の検索パフォーマンスを改善できます

というメッセージがメッセージボックスに来るので、メッセージを開いて1番から順にやっていきます。

1、サイトのwwwを含むバージョンと含まないバージョンを追加

①[サイトを追加]をクリック

②wwwを含んだサイトのURLを入力して、続行をクリックすると、またもや所有権を確認されます。

※サイトの所有権を確認を行うで、HTMLファイルのアップロードで確認をしている場合は、既にアップロードされているファイルと同じなので、そのまま確認すればいけるはずです。

2、優先するバージョンを選択

【使用するドメイン】:URLを(wwwなしのURL)と表示→保存

【クロール速度】:サイトに合わせて自動的に最適化する

3、ターゲットとする国を選ぶ

①[国を選択]をクリックし、インターナショナルターゲティングページへ。

②[国]のタブへ移動し、「ターゲットユーザの地域」にチェックをし、【日本】にする→保存

4、5は必要ないので、これで検索パフォーマンスの改善は終了!

以上、

これでSearch Consoleの設定は完ぺき!なはずです!

Googleと仲良くして、検索に強いサイト作りを目指しましょうー!